東京都足立区西新井、大師前の動物病院 整形外科、脳神経外科、腫瘍科、皮膚科、歯科、循環器科


電話番号03-6803-1581

大師前動物病院

大師前動物病院

腫瘍治療

腫瘍治療

診療時間

早期発見は日頃のスキンシップから

現在、犬の約2頭の1頭、猫の3頭に1頭が悪性腫瘍(がん)によって亡くなっています。悪性腫瘍(がん)の早期発見には、日頃からのスキンシップが何より大切です。

ご家族にとってもつらいことですが、ワンちゃんネコちゃんはそんなときこそご家族のお力を必要としています。

早期発見は日頃のスキンシップから

治療方針

根治治療

癌細胞をすべて取り除き根治を目指す治療です。外科療法(手術)を中心に、抗がん剤や放射線治療を組み合わせます。主に初期~中期の癌の治療に適します。

緩和治療

癌による苦痛や機能不全を緩和する治療です。すでに転移が起こってしまったり切除不可能なときに、薬剤で縮小を目指したり、老齢など体力の問題で麻酔・手術に耐えられない場合に適します。

ターミナルケア

癌治療が不可能となった末期の状態で死を迎えるまでの苦痛を取り除き、残された時間を充実させることを目指す治療です。

癌治療は、リスクや費用などをご家族と十分相談し、治療方針を明確にするところから始まります。

癌治療は、リスクや費用などをご家族と十分相談し、
治療方針を明確にするところから始まります。

治療方針に沿って、外科療法、化学療法、放射線療法などの治療方法から最適なものをご提案させて頂きます。